超精密加工サービス

超精密加工サービス

超精密加工とは

超精密加工サービス

超精密加工とは、1/1000 μmのナノスケールの加工精度を達成することができる加工を指します。一般的に精密加工が1/1000 mmの加工精度といわれているので、超精密加工は精密加工よりもさらに高精度の加工だといえます。また「超精密加工」とよく似た言葉で「超微細加工」という加工もありますが、超精密 微細加工.comを運営する当社では「超精密加工」や「超微細加工」を明確に使い分けております。下記の技術コラムにて詳しく解説しておりますので是非ご覧ください。

>>超精密加工 と 超微細加工 の違いとは?

超精密 微細加工.comを運営するジュラロン工業は、これまで培ってきた加工技術と設備・環境により超精密加工におけるあらゆる課題を解決いたします。

超精密 微細加工.comの 超精密加工 が選ばれる理由

  • 01

    形状精度PV50nmも可能
    超精密加工ならお任せ!

    他社では対応できなかった超精密加工品でもご相談ください。ナノオーダーの超精密機械加工ノウハウと超精密加工機を駆使し、お客様のニーズにお応え致します。

  • 02

    面粗度Ra10nm以下もお任せ!
    さまざまな超精密加工に対応

    超精密 微細加工.comでは、 形状精度:1μm以下 寸法精度:±2μm 面粗度:Ra10nm以下 真円度:1μm以下 同芯度: 1μm以下 上記のような厳しいご要求にもお応えすることが可能です。

  • 03

    ナノオーダーの高精度測定が可能な測定設備を完備

    超精密 微細加工.comを運営するジュラロン工業は、 超精密3次元測定機(UA3P-4)をはじめ各種測定器を完備しております。 ナノオーダーの超精密加工品も安心してお任せ下さい。

超精密加工 製品事例

超精密・微細加工 .comを運営するジュラロン工業では、これまで様々な超精密加工を手掛けてきました。
下記にてその一例をご紹介いたしますので、ぜひご覧ください。写真をクリックして頂くと詳細が表示されます。

超精密加工品を実現するために押さえておきたいポイント

超精密 微細加工 .comでは、加工技術・ノウハウと最新のナノ加工機を駆使してお客様のご要求スペックを実現致しますが、
ナノオーダーの製品を実現する上で、超精密加工品や微細加工品を手掛ける皆様に、
ぜひ押さえておいて頂きたい技術的ポイントをご紹介いたします。

01 / 超精密加工に適した材質を選択する

超精密加工を実現するためには、鋼材にニッケル-りんめっきを施す必要があります。その理由としては、ダイヤモンドバイトでは、削れないから。

なお、振動切削という方法を用いれば、ニッケル-りんめっきを施さなくても超精密加工が可能という場合があります。

02 / 設計段階で、超精密加工が可能かどうか確認しながら進める

超精密加工を行うためにはダイヤモンドバイトを使うことが必須です。従ってダイヤモンドバイトを使用する上での制約を、設計段階で加味しておくことが必要です。また一般的には、超精密加工が必要な範囲はワークの一部であることが多いため、必要な箇所に絞るといった対策も必要となります。

03 / 超精密加工ができるワークサイズを押さえておく

通常のフライス・旋盤であれば世の中に様々な機械が存在しますが、超精密加工機は数が限られるため、対応ワークサイズを押さえておく必要があります。超精密 微細加工.comでは、2軸・3軸であればφ300、5軸加工であればA4サイズ程度が超精密加工に対応できる目安です。ただし大きさによって達成できる精度が異なるので注意が必要です。

超精密加工に関するよくある質問

超精密 微細加工.comが超精密加工のご依頼を頂く際に、皆様から寄せられる質問をまとめました。超精密加工を検討される際に参考になると思いますので、ぜひご覧ください。

超精密加工の技術コラム

超精密 微細加工は
ご相談ください

ナノオーダーの超精密加工技術で
お応えいたします。