ナノ加工 技術コラム

ナノ加工 技術コラム

ナノ加工 技術コラム

2024.01.17

光学用ミラーの反射率を高めるために 押さえておくべきポイント

光路調整を目的として使用される光学用ミラーは、照明・画像・センシングなどの多彩な用途で用いられています。一言で光学用ミラーといっても、球面ミラー・非球面ミラー・自由曲面ミラー・平面ミラーなど様々な種類があります。この光学用ミラーに求められる役割を果たすためには、総じてその反射率が非常に重要となります。

当社では、ナノレベルの超精密切削加工より光学用ミラーの製作を行っています。この超精密切削加工で製作する光学用ミラーに焦点を当て、反射率を高めるために押さえておくべきポイントをご紹介したいと思います。是非、最後までご覧ください。

 

ポイント①:鏡面レベルの超精密加工を施す

高い反射率を実現するためには、なんといっても光学用のミラーの表面粗さが重要となります。ミラーの表面が粗ければ、光が散乱し、反射も鈍くなります。 一方で、表面粗さが優れている・鏡面レベルの場合は鏡のように光を反射します。そのため、反射率を高めるためには、鏡面レベルの超精密加工が非常に重要となるのです。

ちなみに、当社では最先端の機械と独自の技術を用いることで、切削加工のみで鏡面レベルの優れた表面粗さを実現することができます。詳しくは下記記事をご確認ください。

>>なぜ、ナノレベルの超精密加工では ダイヤモンドバイトが使用されるのか

 

ポイント②:反射率(波長)を考慮した上で、材料を選定する

光学用ミラーに使用される材質としては、主に、アルミなどが挙げられます。材質により、波長毎の反射率が大きく異なります。そのため、反射する光の波長を考慮した上で、材料を選定する必要があります。

 

ポイント③:増反射膜の蒸着を行う

ポイント②の通り、最適な材質を選定した上で、さらに反射率を高めたい場合には、ミラーへ増反射膜の蒸着を行うことが有効です。増反射膜の蒸着を行うことで、反射率の改善が期待できます。

 

ポイント④:金属膜のコーティングを行う

反射率を高める手段の1つとして、金属膜のコーティングを行う方法もあります。この方法では、材料の上から金属膜のコーティングを行うため、選定した材質を問わず、大幅な反射率の向上を実現することが可能です。ちなみに、金属膜のコーティングには、金コート、アルミコート、銀コートなどがあり、使用波長により選択する必要があります。(中でも金コートが使用される理由は、反射率向上に加え、腐食を防ぐ役割を果たすことが挙げられます。)

 

光学用ミラーの超精密加工も当社にお任せください

いかがでしたでしょうか。今回は光学用ミラーの反射率を高めるために押さえておくべきポイントをご紹介しました。超精密・微細切削加工.comを運営していますジュラロン工業では、独自の超精密加工ノウハウを活かしながら、これまで多数の光学用ミラーを製作してまいりました。

「優れた反射率の光学用ミラーを製作してほしい…」「光学用ミラーの反射率を高めるためのアドバイスが欲しい…」という方はお気軽にご相談ください!!

ナノ加工 技術コラム一覧 ナノ加工 技術コラム一覧 ナノ加工 技術コラム一覧

ナノ加工豆知識

超精密 微細加工について
お気軽にご相談ください

ナノオーダーの超精密加工技術で
お応えいたします。